就職したくない 大学生

就職したくない大学生にオススメの方法

就職したくない大学生にオススメの方法を解説していきます。

 

就職したくない大学生

学生時代は相当自由な環境でしたよね?永遠にこれが続けばいいのに・・・誰もがそう思うと思います。しかし、現実はそう甘くはありません。誰にも就職活動という難所がやってきますし、そもそも会社のために働きたくない、安月給でコキ使われたくない、ブラック企業に入社したくない。

 

色んな就職したくない理由が出てくると思います。

 

私は、大学を留年したのでものすごいその気持ちは分かります。大学5年の時には取るべき単位も少ないため本当に楽でした。遊びまくっていました。しかし、就職しなければならない。とても憂鬱でしたね。

 

日本の経済が下降気味なのは日本の大学の制度だという考え方もあるくらい、大学生はただ遊ぶことが出来る貴重な時間です。

 

ですが、お金は稼がな刈ればなりません。でも、若い人たちにとって数十年後先は未知。今の高齢者は勝ち組世代。年金がっぽりもらって余生を過ごす。世代間格差ありすぎ。

 

そりゃ、オレオレ詐欺を正当化して手を染める人がいるのもうなずけてしまうくらいの、本当に未来はない世代間格差。

 

そんな就職したくない大学生にオススメの方法をだいぶ引っ張りましたが、紹介します。それはFXです。

 

FXと聞くと危ないイメージがないでしょうか?失敗例も下記のように多いです。

 

書店のFXコーナーで売られている本を読むと多くの人はFXは簡単だという印象を受けてしまうかもしれません。私も書店でFXの本を読んでFXは簡単だという印象を受けFXを始めた口です。

 

私の行ったFXのやり方はスワップポイント目当てのFXです。ですから、スワップポイントが多くもらえる豪ドル/円でFXを始めたのです。
豪ドル/円のポジションならば、少しくらい円高が進んでもレバレッジを小さくすれば、このポジションを長期で持てばスワップポイントがあるので安心だと思って始めたのです。
私がFXをやり始めた時は私の目論見とは逆に通貨が動いてしまい、その値動きに私は動揺してそのままポジションを持ち続けることができず、含み損にびびってしまい半年もせずに結局そのポジションを解消して損切りしてしまいました。
おそらく、私が考えた通りにそのままポジジョンを持ち続ければ損切りせずに済んだかもしれません。しかし、毎日含み損を目にするとこれ以上含み損が増えるのが嫌だという気持ちが日に日に大きくなり結局FXから撤退してしまったのです。

 


 

このように、撤退する例もあるのですが、勉強不足なのもありますがきちんとしたノウハウを学ばずにFXをやったことが間違いなのです。幸い大学生には時間がありますので、お金が稼げるのであれば勉強することはそれほど苦ではないと思います。

 

本当に就職したくないのであれば、思い切ってFXを学んでみてはどうでしょうか?

 

参考までに、就職したくない大学生がしていた副業の体験談を紹介します。

 

カメラマンさんの撮影にモデルとしてお手伝い

 

撮影モデルを少しだけ経験させていただきました!

 

カメラマンさんにもいろんなタイプの方がいらっしゃって、素人で趣味として撮影をしている方プロのカメラマンになりたくて、練習として撮影を重ねている方後は企業の方達など、たくさんのタイプの違う方々がいらっしゃるので望まれる撮影も、ギャラもさまざまでした。

 

素人のカメラマンさんは基本なぜだか普通のごく一般的な女の子を好まれる傾向にあります!そして撮影的にはコスプレでの撮影を望まれます!ギャラとしては、大体2時間くらいで7,000円?でしょうか。アイドルフェイスで10代だとファンは付きやすいです!

 

プロを目指しているカメラマンさんですとスタジオでの撮影や屋外での撮影さまざまですが、作品的な感じが多いかもしません!

 

プロの方ですとやはり上手いです!!こちらとしても、とても自然に撮影出来ます!だいたいですが、ギャラを時給換算しますと3,000?で上限はモデルさんによりますが、数万円いきます!ヘアメイクは基本自分でしていましたのでそれなりにできる方だと良いかもしれません。

 

素人のカメラマンさんは特にですが、やはりどこにでも、変わった方や、少し危ない方などいらっしゃいますので気をつけなければいけないのも事実だと思います!


 

こういった仕事もありますが、誰もが出来る仕事ではないでしょうし、いつまでもできる仕事でもありません。そうした観点からもFXはオススメです。